Dr. Braden Kuo Nausea Seminar on February 22, 2017

Dr. Braden Kuo, MD gave a neuroenteric research seminar, entitled, "Chronic Nausea" at Kindai University Faculty of Medicine, Osakasayama, Osaka, Japan, on February 22, 2017. Dr. Kuo is Assistant Professor, Center for Neurointestinal Health, Massacusetts Hosiptal, Harvard Medical Center. Dr. Atsuko Koyama, Professor, Department of Pychosomatic Medicine, Kindai University hosted the seminar as the First International Psychosomatic Medicine Colloquium.

For more pictures, please visit the following Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda, MD, PhD

第一回国際心身医学懇話会

ハーバード大学のBraden Kuo准教授が、「慢性嘔気Chronic Nausea」の脳腸相関のご講演を行いました。主催は近畿大学医学部心療内科小山敦子教授で、本講演会が、記念すべき第一回国際心身医学懇話会となりました。講演後は、演者を囲んで質疑応答が行われました。近大微生物学講座のメンバーも懇話会に参加いたしました。

写真は近大医学部微生物学講座のフェイスブックを御覧ください。

角田郁生

Braden Kuo 022217
Front row: from right to left Dr. Ikuo Tsunoda, Professor, Department of Microbiology, Dr. Atsuko Koyama, Professor, Pchyosomatic Medicine, Dr. Braden Kuo, Assistant Professor, Harvard Medical Center
スポンサーサイト

Dr. Atsushi Okumura Ebola virus presentation

Dr. Atsushi Okumura, DVM, PhD, gave a seminar on Ebola virus at Kindai University Faculty of Medicine on February 13, 2017. Dr. Okumura belongs to NIAID, NIH, Rocky Mountain Laboratories, Hamilton, Montana, and has been in the US for 18 years as a researcher and a veterinarian.

Dr. Okuyama gave a talk on his Ebola hemorrhagic fever model as well as a biosafety level (BSL) 4 facility. The seminar is hosted by Dr. Masaaki Miyazawa, MD, PhD, Professor and Chair, Department of Immunology. Our microbiology faculty members have a meeting with Dr. Okumura, discussing our potential collaboration on Zika virus, bioinformatics analysis, and Th17 transgenic model research.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

NIH奥村敦先生エボラウイルス近大医学部講演

米国NIHロッキーマウンテン研究所の奥村敦先生が、近畿大学医学部でエボラウイルスのご講演をされました(ホストは近畿大学免疫学宮澤正顯教授)。奥村先生は在米18年でエボラウイルス出血熱をはじめとする致死性ウイルスの研究を、(日本にはない)バイオセーフティレベル(BSL) 4施設で研究されています。また米国で獣医師として臨床も行っており、日本人として極めて貴重なご経験と経歴をお持ちです。

奥村先生とは、米国ウイルス学会で知己になりましたが、今回は我々の微生物学講座にもお立ち寄りになられ、SARS, MERSのご研究の話や、共同研究(ジカウイルスバイオインフォマティクストランスジェニックマウス)などのミーティングを行いました。

写真は近大微生物学のFacebookをご覧ください。

角田郁生

Okumura 021317

From left to right: Drs. Ikuo Tsunoda, Seiichi Omura, Atsushi Okumura, Ah-Mee Park, and Fumitaka Sato.


Microbiology Department in Kindai Hospital Magazine "Kizuna"

Our Kindai University Microbiology Department was featured in the most recent volume 17, Winter/Spring issue of Kindai Hospital Magazine "Kizuna". In the article, Dr. Ikuo Tsunoda, MD, PhD, Professor and Chair, who was interviewed by Kizuna staff members, talked about research and education by the Department.

In January and February, three members of the Department have their birthdays. We had a birthday dinner at Korean Restaurant, Madang, in Sakai, Osaka.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

,
近大病院広報誌きづな 微生物学誕生会 2017

近畿大学医学部附属病院では広報誌「きづな」が定期的に刊行されています。最新号の2016年17号Winter/Springでは、我々の近畿大学医学部微生物学講座が取材を受け、講座の紹介が写真入りでなされました。当講座の研究や教育に関してまとめて書かれてありますので、是非お読みいただければ有り難いです。

微生物学講座では、1月と2月に誕生日を迎えた3人のメンバーの誕生会を堺市の韓国料理屋マダンで祝いました。

写真は近畿大学微生物学講座のフェイスブックでご覧ください。

角田郁生

Kizuna.jpg

Kindai Microbiology Department in Kindai Hospital Magazine "Kizuna"

Kindai Microbiology General Medicine II Course Presentation Jan 2017

We have completed the 8-week Microbiology course "General Medicine II" for the 1-year Medical Students, Kindai University Faculty of Medicine on January 27, 2017. In the last 3 weeks, we tested the presence of yeast on the surface of fruits by baking bread, supervised by Dr. Seiichi Omura, Assistant Professor, examined the presence of bacteria in palms of students as well as faculty using the kit "Palm Check" supervised by Dr. Ah-Mee Park, Associate Professor, while each student did his/her 10-minute presentation on the microbiology topics, followed by comments by Dr. Ikuo Tsunoda, Professor.

Ms. Maya Kawamoto won the 1st Prize on her presentation entitled, "Bacteria and Smelling." The proceedings of students' presentation has been published, which can be seen in our Microbiology homepage.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda


近大微生物学コース パームチェック プレゼンテーション 2017年1月

近畿大学医学部微生物学講座の医学総論IIは、8週間のコースで、2017年1月27日に終了しました。最後の3週間は、果物の皮などから分離した酵母を用いてパンを焼いての試食会(尾村誠一助教の指導)や「パームチェック」を用いて手のひらの常在菌の培養(朴雅美講師の指導)を行いました。最終日には、参加した10人の学生が、それぞれ自ら見つけた微生物学のトピックをもとに10分のパワーポイントを用いたプレゼンテーションを行い、角田郁生教授が講評をしました。

発表会では川本真綾さんの「細菌とニオイ」が最優秀プレゼンテーションに選ばれました。発表内容はレポート集としてまとめられ、微生物学のホームページに掲載されました。

医学総論IIの写真は近大微生物学のフェイスブックで御覧ください。

角田郁生

Palm check
Kindai University General Medicine II Microbiology course, in which the 1-year Medical Students tried to discover antibiotics to suppress bacterial/fungal growth: 近畿大学医学部医学総論II 
左から右:角田郁生教授、秋岡真二、梅本匡弘、小山建夫、瀬戸口昌裕、川本真綾、前田梨沙、三村修一、鶴上隆浩、矢倉脩平

Osaka Science-based Kampo Conference on January 28, 2017

The 5th Osaka Science-based Kampo Conference was held in Sakai, Osaka, on January 28, 2017.  ”Kampo" is an herbal medicine, from traditional Chinese medicine. Herbs have been shown to be effective in many diseases.

Special lecture was presented by Dr. Akio Inui, Professor, Kagoshima University. Dr. Rino Inada, Department of Neurology, Kinadai University Faculty of Medicine, gave a talk on her multiple sclerosis research, in which she showed Goreisan was effective for treatment of an MS model, EAE.

After the meeting, we have a reception where we exchanged scientific information. For more pictures, please visit our Kindai-LSU Multiple Sclerosis Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda


第5回Osaka Science-based Kampo研究会 学術講演会 2017年1月28日

第5回Osaka Science-based Kampo研究会 学術講演会が2017年1月28日に大阪府堺市で行われました。漢方薬の基礎・臨床医学分野における効果が三つの一般演題と特別演題において討議されました。

一般演題では近畿大学医学部神経内科の稲田莉乃先生が多発性硬化症の自己免疫モデルの実験的自己免疫性脳脊髄炎EAEの漢方薬による治療の基礎実験成績を免疫学的視点から発表されました。特別演題では鹿児島大学の乾明夫先生が、「六君子湯の臨床応用~緩和医療から健康長寿まで~」の演題で、とくにグレリンの基礎研究データなどを解説されました。

写真は近大ーLSU多発性硬化症リサーチチームのFacebookを御覧ください。

角田郁生

Kampo 012817

From left to right: Drs. Takashi Takeda, Takao Tamura, Akio Inui, Yasufumi Shigeyoshi, Hitoshi Shiozaki (President, Kinai University) and Ikuo Tsunoda

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR