Duke Univ. Dr. Mari Shinohara gave a seminar at Kindai Medical Association 052317

On May 22, 2017, we had a gust from Duke University, USA, Dr. Mari L. Shinohara, PhD, Associate Professor of Immunology. Dr. Shinohara had several meetings with faculty members of Kindai University Faculty of Medicine, Osaka. The lecture is given in the course of "General Medicine I" for 1st-year Medical Students as well as Graduate Students, staff and faculty..

On May 23, Dr. Shinohara gave a lecture on an autoimmune model for multiple sclerosis, experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE). The title of the talk was "Innate immunity and inflammation in EAE. We asked Dr. Shinohara to give a seminar in English so that students can take the same seminar as Duke University in the US without visiting the US! After the talk, Dr. Shinohara had a
small group discussion with medical students on science, carrier development, and how to study English.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

ーク大学篠原眞理先生 近畿大学医学部セミナー 5月23日

ーク大学免疫学講座の篠原眞理先生が、近畿大学医学部に5月22-23日に訪れました。大学教員との共同研究のミーティング、施設見学、病院見学を22日に行い、23日には医学部一年生全員と大学院生、教員を聴衆に「実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)における自然免疫と炎症」について講義を行いました。講義は最新の多発性硬化症の研究についてで、アメリカの授業そのままの英語でのレクチャーとなりました。

近大医学生一年生全員に、一時間ではありますが「体験留学」をしてもらい、高いモチベーションを持ってもらいたいという角田教授の要望で、「医学総論I」の講義日程のカリキュラムのひとつとして講義は行われました。講義後は、スモールグループでの医学生と篠原先生とのフリートークが行われ、サイエンス、英語学習、キャリアデベロップメントなどについて質疑応答がなされました。

写真は近大微生物学講座のFacebookを御覧ください。

角田郁生

Mari Shinohara
Drs Mari L. Shinohara and Ikuo Tsunoda and Medical Students of Kindai University.
スポンサーサイト

Kindai University Microbial Multiple Sclerosis Seminar by Dr. Mari Shinohara, Duke University, 5/23/17

On May 23, 2017, Kindai University Department of Microbiology will held the 7th Kinki Microbial Seminar by Dr. Mari L. Shinohara, Associate Professor of Immunology, Duke University Medical Center. The title of the talk is "Innate Immunity and EAE." Experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) is an autoimmune model for multiple sclerosis (MS).

Ikuo Tsunoda

ーク大学篠原眞理先生 多発性硬化症近畿大学セミナー 5月23日

5月23日、近畿大学医学部微生物学講座ではデーク大学免疫学講座の篠原眞理先生に医学生・職員を対象に多発性硬化症のセミナーを行います。講演のタイトルは「自然免疫と実験的自己免疫性脳脊髄炎」です。

篠原眞理先生は神経難病の多発性硬化症MSと真菌感染症の自然免疫研究(インフラマソーム、オステオポンチン、インターフェロン、オートファジー)の世界的権威で、MS自己免疫モデルEAEのご研究を中心に御教示いただきます。英語でのご講演となりますが、篠原先生はアメリカで大学院生、博士研究員を経て独立され、テニュア(終身雇用)を獲得される間、企業勤務などの御経歴もお持ちで、講演後11:30から座談会も予定しておりますので、留学・キャリアプラン・英語力向上をめざす方も含め御参加を歓迎致します(座談会のみも可)。

角田 郁生

篠原先生チラシ


90th Japan Society for Occupational Health / 71st Allergy and Immunotoxicology Meeting

On May 11, 2017, Ikuo Tsunoda, MD, PhD, Professor, Kindai University Faculty of Medicine, Department of Microbiology gave an invited 1-hour seminar at the 71st Allergy and Immunology Meeting in the 90th Japan Society for Occupational Health, Tokyo, Japan. The title of the seminar was "Identification of lymphatic biomakers for multiple sclerosis using principal component analysis (PCA) of RNAseq transcriptome."

Dr. Tsunoda talked about his most recent findings that lymphatic molecules may contribute to exit of inflammatory cells from the central nervous system (CNS) to the periphery. If this is the case, dysfunction of the lymphatic vessels associated with can delay the
exit of inflammatory cells, leading to chronic inflammation and disease progression.

The President of the meeting was Dr. Hiroyuki Yanagihara, MD, PhD, Chair and Professor, Jikei University School of Medicine, while the chair person of the seminar was Dr. Takahiko Yoshida, MD, Professor, Asahikawa Medical University. After the seminar, the reception was held at "Washoku Dining Gazen".

For more pictures, please visit our Kindai-LSU MS Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda


第90回日本産業衛生学会 第71回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会 角田郁生教授特別講演

近畿大学医学部微生物学講座角田郁生教授が、2017年5月11日第90回日本産業衛生学会(学会長:東京慈恵会医科大学柳澤裕之教授)の第71回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会(座長:旭川医科大学社会医学講座 吉田貴彦教授)において特別講演を行いました。講演のテーマは 「多発性硬化症の遺伝子プロファイル主成分分析PCAによるリンパ管バイ オマーカーの同定」で、中枢神経内のリンパ管分子が炎症細胞の中枢からの退出に関連している仮説を提示しました。この仮説によるとリンパ管分子の機能不全が、リンパ球の中枢神経からの退出を遅らせ、ひいては慢性炎症と病気の進行に至ることになります。講演では、多発性硬化症のウイルスモデルのタイラーウイルス感染症とヒト二次進行性多発性硬化症でリンパ管分子の低下が次世代シークエンサーで得たトランスクリプトームのPrincipal component analysis (PCA)によりデータが提示されました。

懇親会は「Washoku Diningがぜん」で行われ学術交流が行われました。

写真は近畿大学-LSU多発性硬化症リサーチチームのFacebookを参照ください。

角田郁生

日本産業衛生学会
Front (from left to right) Kaneyoshi Morimoto, MD (former Professor, Osaka University), Ueda Atsushi, MD, PhD (Professor Emiritus, Kumamoto University), Ikuo Tsunoda, MD, PhD (Professor, Kindai University Faculty of Medicine)、Takahiko Yoshida MD (Professor, Asahikawa Medical University)
Back (from left to right) Li Qing (Senior Assistant Professor, Nippon Medical School), Takemi Otsuki, MD, PhD(Professor, Kawasaki Medical School), Masashi Tsunoda, MD, PhD (Professor, National Defense Medical College), Yasuo Morimoto, MD, PhD (Professor, University of Occupational and Environmental Health), Kazuhiro Sato, MD (Associate Professor, University of Fukui), Toshihiro Ito, PhD (Professor, Asahikawa Medical University), Yasumitsu Nishimura, PhD (Associate Professor, Kawasaki Medical School), Takamasa Kido, PhD (Research Associate, Jikei University School of Medicine).
前列 (左から右)   森本兼曩(よし)元大阪大学教授、上田厚熊本大名誉教授、角田郁生近畿大学教授、吉田貴彦旭川医大教授
後列 (左から右) 李卿日本医科大学准教授、大槻剛巳川崎医科大教授、角田正史防衛医大教授、森本泰夫産業医科大教授、佐藤一博福井大准教授、伊藤俊弘旭川医大教授、西村泰光川崎大学准教授、木戸尊将東京慈恵医大助教

Our Zika virus paper in PubMed open access

Our manuscript on Zika virus, entitled "Neuropathogenesis of Zika Virus Infection : Potential Roles of Antibody-Mediated Pathology" is now in PubMed for free open access! Authors are as follows: Ikuo Tsunoda, Seiichi Omura, Fumitaka Sato, Susumu Kusunoki, Mitsugu Fujita, Ah-Mee Park, Faris Hasanović, Richard Yanagihara, and Satoshi Nagata. This is the first time that a manuscript published in Acta Medica Kindai University (=Acta Medica Kinki University) is on PubMed.

Ikuo Tsunoda

Acta Medica Kindai University掲載のジカウイルスの論文がPubMedに掲載

Acta Medica Kindai Universityの2016年41巻2号掲載の私たちのジカウイルスの総説が、この度、PubMedに掲載されました。これは論文が私と共著者のハワイ大学のRichard Yanagihara教授の科学研究費が米国NIH(National Institutes of Health)からサポートされているためで、私とYanagihara教授がNIHのルールにより、PubMed掲載をリクエストしたことが認められたことによります。このことにより、本論文はPMID番号、PMCID番号が付されました。なお私たちの論文はオープンアクセスになりましたので、全文がPubMedのサイトで読むことができます。

雑誌の省略名は、Acta Med Kinki Univとなっております。NIHに雑誌名がActa Medica Kindai Universityに変更されたので、略名もActa Med Kinkdai UnivにするようにNIHに要望しましたが、雑誌の名称の変更はマイナーチェンジとみなされているため、今回は変更できませんでした。

今後、PubMedにActa Med Kindai Univの掲載論文を載せるためには、とりあえずは共著者にNIHから研究費をもらっている人がいた場合には、PubMed掲載になるようにNIHのeRA Commonsを通じてアップしてもらうように情報を伝えていくことが大切と考えます。もちろんPubMed Centralに正式に掲載の申請をしない限りは、Acta Med Kindai Univの掲載論文のすべてが自動的にPubMedに掲載される日はこないので、こちらの手続きもする必要はあると思われます。

角田郁生

Zika blog figure

IFMSA meeting / Marco De Velasco doctoral dissertation seminar April 2017

In Kindai University Faculty of Medicine, the new semester has started in April, 2017. We had a meeting with IFMSA-Kindai representatives on April 5. The International Federation of Medical Students Associations (IFMSA), founded in 1951, is one of the worlds oldest and largest student-run organizations. The main activities of IFMSA are student exchanges and different projects. Around 10000 medical students each year participate in international medical student exchanges, both professional and academic (research). In Kindai University, about 50 medical students belong to IFMSA-Kindai. Our Department of Microbiology has started helping their activity, and will accept international medical students for basic research rotation for 6 weeks. While Prof. Ikuo Tsunoda had his laboratory in Utah and Louisiana, he accepted international students and postdoctoral fellwos from several different countries, including Japan, Pakistan, and Canada, he has given advice to IFMSA-Kindai representatives and talked how he would
help their activities.

On April 10, Mr. Marco De Velasco did his doctoral dissertation seminar, entitled "Efficacy of targeted AKT inhibition in genetically engineered mouse models of PTEN-dependent prostate cancer." His adviser is Prof. Kazuto Nishio, Department of Genome Biology, while he has conducted his experiments at the Department of Urology whose chair is Dr. Hirotsugu Uemura.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

近大IFMSAミーティング マルコ・デベラスコ医学博士審査会

IFMSA(イフムサ、国際医学生連盟、International Federation of Medical Students' Associations)は、世界の医学生による非政府組織で、WHO(世界保健機関)並びにWMA(世界医師会)によって医学生を代表する国際フォーラムとして認められ、1951年5月に設立された国内組織です。主な活動は学生の交流と多数のプロジェクトの推進で、毎年1万人の医学生が国際交流に参加しています。近大IFMSAには現在約50名のメンバーが所属しています。我々近畿大学医学部微生物学は、角田教授がアメリカで研究室を運営していた時に海外から医学生や博士研究員の指導をしてきた経験から、近大IFMSAを全面的に支援しております。4月5日には二度目のミーティングをIFMSA代表の松本悠佑さんと吉野あかりさんと2時間30分にわたって行い、今後のIFMSAの活動のアドバイスや、微生物学講座の留学生受け入れの準備について話合いをしました。

近大医学部では泌尿器科でマルコ・デベラスコさんが癌の研究をしていることは以前、このブログでも紹介しましたが、4月10日に彼の学位審査会が行われました。ゲノム生物学の西尾和人教授と泌尿器科の植村天受教授の指導で行われた前立腺がんの研究発表の後、活発な質疑応答が行われました。

写真は近大微生物学講座Facebookを御覧ください。

角田郁生

IFMSA 040517
IFMSA-Kindai meeting. From left to right: Prof. Ikuo Tsunoda, Mr. Yusuke Matsumoto and Ms. Akari Yoshino.

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR