FC2ブログ

International Symposium on Chemical Communication Jan 9-10, 2019

The 1st International Symposium on Chemical Communication (ISCCC2019) was held at Hitotsubashi Hall, National Center of Sciences Building, Tokyo, Japan, on Jan 9-10, 2019. This symposium is also the 4th symposium on "Frontier Research on Chemical Communications", organized by Executive Committee, Frontier Research on Chemical Communications, the MEXT Grant-in-aid for Scientific Research on Innovative Areas (Project leader: Dr. Hideaki Kakeya).

Dr. Hiroyuki Osada served as Chairperson of the symposium, in which two keynote lectures, six oral presentations including Dr. Kazuhiko Matsuda, Kindai University, Dr. Yasubumi Sakakibara and Dr. Hirokazu Toju, and 62 poster presentations were given. From our Department, Dr. Seiichi Omura gave the following poster presentation:

Omura S, Nishio K, and Tsunoda I. Communication between CNS and gut microbiota in a viral model for multiple sclerosis. The 1st International Symposium on Chemical Communication (ISCC2019) Program and Abstracts book, p46.

Following the international symposium, the 2nd Young Investigator symposium was held. Dr. Susumu Yoshizawa and Dr. Masanori Toyofuku gave special lectures, while there are four more oral presentations given in the symposium.

For pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

第1回化学コミュニケーション国際シンポジウム(ISCC2019)

2019年1月9-10日に「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム(ISCC2019)と第2回若手シンポジウムが東京都一橋大学一橋講堂で開催されました(会長は理化学研究所 環境資源科学研究センター副センター長の長田裕之先生)。「化学コミュニケーションのフロンティア」は文部科学省研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)2017-2021年度によるもので、領域代表は京都大学大学院薬学研究科教授の掛谷秀昭先生です。

国際シンポジウムでは二つの基調講演、6つの講演 (近畿大学農学部松田一彦教授、慶応大学榊原康文教授、京都大学東樹宏和准教授など)、62のポスター発表がなされました。当教室からは以下のポスター講演がなされました。

Omura S, Nishio K, and Tsunoda I. Communication between CNS and gut microbiota in a viral model for multiple sclerosis. The 1st International Symposium on Chemical Communication (ISCC2019) Program and Abstracts book, p46.

若手シンポジウムでは、吉澤晋先生と豊福雅典先生による二つの特別講演と4つの口頭発表がおこなわれました。両シンポジウム共に、終了後に意見交換会が行われ、学術交流がなされました。

写真は近大微生物学のFacebookで御覧ください。

角田郁生

010919 International symosium
From left to right: Drs. Hideaki Kakeya, Nicole Revie, Kali Lyer, Ikuo Tsunoda, Hiroyuki Osada, and Yoko Yashiroda.

スポンサーサイト

44th West Japan Tohoku University School of Medicine New Year's Faculty Reunion

An annual new year's party, the 44th "Konjokai" was held on January 11, 2019. "Konjokai" members are composed of graduates from Tohoku University School of Medicine, who had or has served as full Professors and/or Associate Professors in West Japan. This year, 25 members attended the party.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

第44回艮生会 東北大学出身西日本医学部教授会 2019年1月11日

第44回艮生会が2019年1月11日にANAクラウンプラザホテル大阪の料亭「たん熊」で行われました。 艮生会のメンバーは東北大学出身で西日本の医学部で教授あるいは准教授相当のポジションの経験者からなります。今年は25名の出席がありました。

写真は近大微生物学のフェイスブックで御覧ください。

角田郁生

011119 Konjokai
2019年艮生会新年会 敬省略
上段:谷山佳弘、有馬秀二、岡田斉、寺井 秀富野澤昌弘大野智之、 岡田義裕、谷山義明
中段:阿部康二、小野山裕彦蓬田健太郎、 加藤正哉、稲瀬正彦、鈴木倫保、宮澤正顯、角田郁生
下段: 鈴木恒彦古賀義久、高橋俊雄、秩父志行、海法裕男、佐藤拓代大原義朗

Kindai University Medicine New Year's Faculty Party Jan 4, 2019

On January 4, 201, Kindai University Faculty of Medicine had an annual New Year's Faculty Party at Swiss Hotel Nankai, Namba, Osaka, Japan. Professors, Hospital Directors, and administrative persons attended the party.
 
At the party, Professors who have promoted in 2018 gave their speech, including Dr. Keisuke Sugimoto, Department of Pediatrics and Dr. Shunji Kusaka, Department of Ophtalmology.

For more pictures, please visit our Kindai University Microbiology Facebook.

Ikuo

近畿大学医学部教授新年会 2019年1月4日

毎年恒例の近畿大学医学部教授新年会がスイスホテル南海大阪にて2019年1月4日に開催されました。会には医学部教授陣、関連病院長、事務職員らが参加し親睦を深めました。2018年に教授に昇進された先生方(杉本圭相小児科主任教授、日下俊次眼科主任教授ら)のご挨拶がありました。


写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

010419 New Year Party
Drs. Keisuke Sugimoto (right) and Ikuo Tsunoda (left)

Warm Holiday Wishes 2018!

122418 Nennga

Kindai University Microbiology Course 2018

In 2018, Faculty members of the Department of Microbiology gave 55 lectures and 10-hour experiments in the Microbiology Course for 2-year Medical Students, Kindai University Faculty of Medicine. The course included Bacteriology, Mycology, Virology and Parasitology, which started from October 9 and ended on October 26.

The lectures are Drs. Ikuo Tsunoda, Mitsugu Fujita, Ah-Mee Park, Fumitaka Sato, Seiichi Omura, and Hiroyuki Matsuoka.

For more picture, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo

近畿大学医学部微生物学講義 2018

近畿大学医学部では、医学部2年生に病原微生物学のコースを「Unit 5 病因・病態」のひとつとして講義がされました。コースは2018年10月9日から26日で、55の講義と10時間の実習を含み、細菌学、真菌学、ウイルス学、寄生虫学をカバーしました。

講師陣は角田郁生教授、藤田貢准教授、朴雅美講師、佐藤文孝助教、尾村誠一助教、松岡裕之非常勤講師が担当しました。

写真は近大微生物学のFacebookで御覧ください。

角田郁生

102518 Parasitology

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
タグ

Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR