2017 June-July events in Kindai University Microbiology

In June-July 2017, Kindai University Faculty of Medicine had several events and guests as follows:

6/14 and 6/16: Meetings with Dr. Marc A. Maier, Universite Paris.

6/24 Bioinformatics/Factor Analysis Meeting with Prof. Kazuaki Shimizu, Kansai University Psychology

7/5 Meeting with and seminar by Dr. Richard Ransohoff, Biogen 

7/6 Seminar by Dr. Satoru Takahashi, Professor, Tsukuba University

7/7 Meeting with Drs. Tsutomu Mori and Takashi Kawamura, Fukushima Medical University on Bioinformatics

7/19 Annual Meeting of the Kindai University Medical Association. Dr. Fumitaka Sato, Assistant Professor; Best Presentation Award.

7/25 Belated Birthday Party of Dr. Mitsugu Fujita, Associate Professor, Kindai Microbiology

For more pictures, please visit our Kindai University Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunnoda



2017年6-7月 近畿大学医学部微生物学 イベント

近畿大学医学部微生物学講座は2017年6月と7月は多くのイベントとゲストがありました。主なものは以下です。

6月14日と16日 パリ大学のマーク・マイヤー教授と主成分分析のミーティング、セミナー

6月24日 関西大学社会学部心理学の清水和秋教授 とバイオインフォマティクス・因子分析のミーティング

7月5日 バイオジェンのリチャード・ランソホフ博士とミーティング、セミナー

7月6日 筑波大学の高橋智教授セミナー

7月7日 福島県立医科大学 森努准教授 河村隆先生 バイオインフォマティクス・ミーティング

7月19日 近畿大学医学会で佐藤文孝助教が一般演題優秀賞を受賞

7月25日 藤田貢准教授誕生会(一日遅れ)

写真は近大微生物学講座のフェイスブックを御覧ください。、

角田郁生

Ransohoff.jpg
From left to right: Drs. Mitsugu Fujita, Seiichi Omura, Richard Ransohoff, Ikuo Tsunoda, and Fumitaka Sato.


スポンサーサイト

Japanese Society of Inflammation and Regeneration Meeting, July 18-19, 2017

The 38th Annual Meeting of the Japanese Society of Inflammation and Regeneration was held on July 18-19, in Osaka, Japan. The President of the meeting was Dr. Hajime Sano, MD, PhD, Professor and Chair, Department of Internal Medicine, Hyogo Colllege of Medicine.

From our Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, Dr. Ah-Mee Park gave a presentation on experimental pulmonary fibrosis, and was awarded Best Poster Award in the meeting.

In the reception, Ms. Jun Anna, musical star, gave a talk-show. Ms. Anna is best known as a former Takarazuka superstar, who played many roles, including Oscar in "The Rose of Versailles". While Ms. Anna suffered systemic lupus erythematosus in 2000, she recovered completely. At age 70 now, Ms. Anna's performance at the reception was excellent, which motivated clinicians and researchers at the reception.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

第38回日本炎症・再生医学会  朴雅美講師が優秀演題賞

第38回日本炎症・再生医学会は兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科佐野統教授会長のもと大阪国際会議場にて2017年7月18日―19日に開催された。学会は16のシンポジウム、14の教育講演、3つの招待講演、会長招聘講演、2つの特別講演からなり、基礎医学・臨床医学の発表がなされました。

初日にはリーガロイヤルホテルにて全員懇親会が行われ、松島綱治東京大学教授や浅野茂隆東京大学名誉教授(神戸大学客員教授)らと学術討論を行いました。ゲストは自己免疫病である全身性ループスエリテマトーデスを患った元宝塚の安奈淳さんのトークショーが行われ、「ベルサイユのばら」の「愛あればこそ」をはじめヒット曲の数々を披露されました。70歳にしてロールモデルとして歌う姿は懇談会出席の研究者へのモチベーション大いに向上したと思われます。

二日目は角田郁生近畿大学微生物学講座教授はポスター演題6「細胞接着分子・組織破壊・修復・線維化・細胞死」で祝迫惠子京都大学講師と座長を務めました。微生物学講座よりは、以下の演題がポスター発表されました。

朴雅美、義江修、角田郁生.肺線維化における細胞周期制御因子の役割.第38回本炎症・再生医学会プログラムp146 大阪国際会議場 大阪府大阪市

朴雅美講師は上記の発表で「優秀演題賞」を受賞し、表彰されました。

写真は近畿大学医学部微生物学講座のフェイスブックで御覧ください。

角田郁生

Jun Anna
President Hajime Sano, MD, PhD and Ms. Anna Jun, a former Takarazuka superstar

Matsuoka Asano
From Left to right: Drs. Shigetaka Asano, Kouji Matsushima, and Ikuo Tsunoda


Multiple Sclerosis "Sendai Conference" on July 8, 2017

"Sendai Conference 2017" was held on July 8, Sendai, Japan. Sendai conference is an annual international meeting on multiple sclerosis research hosted by the Department of Neurology, Tohoku University. This is the 7th meeting, whose chairpersons are Prof. Ichiro Nakashima, Tohoku Pharmaceutical University, and Kazuo Fujihara, Fukushima Medical College.

From Kindai University, Drs. Katsuichi Miyamoto, Seiichi Omura, Fumitaka Sato, and Ikuo Tsunoda attended the conference. Drs. Omura and Sato gave the following oral presentation:

Omura S, Sato F, Martinez NE, Park A-M, Fujita M, Kilgore PCS, Cvek, U, Trutschl M, Minagar A, Alexander JS, and, Tsunoda I. Computational analysis determined the homogeneities and heterogeneieties between two distinct EAE models for progressive multiple sclerosis.

Sato F, Legauz KN, Creason TG, Omura S, Park A-M, Fujita M, Stokes KY and Tsunoda I. An RNA virus triggers inflammatory demyelination in the central nervous system by activating anti-myelin autoimmune T cells.

For more pictures, please visit our Kindai-LSU MS Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda

多発性硬化症 ”仙台カンファレンス2017”

2011年の東日本大震災より毎年開催されている多発性硬化症の国際会議 ”Sendai Conference”が、今年は7月8日に仙台で開催されました。東北薬科大学の中島一郎教授と福島医科大学の藤原一男教授が世話人を務められました。

近畿大学医学部微生物学講座よりは二つの演題が口頭発表に選ばれ、佐藤文孝助教が自然発症EAEについて、尾村誠一助教が一次性進行性多発性硬化症のバイオインフォマティクスによるバイオマーカーの同定について研究成果を発表しました。

学会は複数の国際ゲストによるセミナーも行われ盛況でした。

写真は近大ーLSU多発性硬化症リサーチチームのフェイスブックで御覧ください。

角田郁生

Jin_Nakahara_北川賢
From left to right: Dr. Ken Kitagawa, Seiichi Omura, Ikuo Tsunoda, Jin Nakahara, Ichiro Nakashima, and Fumitaka Sato

Sendai Conference 2017
From left to right: Drs. Omura, Tsunoda, Kazuo Fujihara, and Fumitaka Sato



IFMSA-Kindai Welcome Party June 30 2017

IFMSA-Kindai had a Welcome Party on June 30, 2017. This week, Kindai University Faculty of Medicine has accepted two international exchange medical students, Ms. Diana Bedrníčková from Czeck Rebpulic, and Ms. Marte Hostad from Poznan University of Medical Sciences, Norway. They will have 4-week clinical rotation in Kindai University Hospital.

This semester, 22 new members (1st year, 16; 2nd year, 4; and 3rd year, 2) have joined IFMSA-Kindai. While Dr. Atsuhi Hiraide had been in charge of taking care of IFMSA-Kinai in the past years as an adviser, Dr. Ikuo Tsunoda, Professor of Microbiology, has taken over Dr. Hiraide's duties since this semester.

Please visit IFMSA-Kindai Exchange Facebook for more pictures.

Ikuo Tsunoda

IFMSA近大新入生・留学生ウェルカムパーティー

IFMSA近大は22人の新メンバーと二人の交換留学生の歓迎会を、はや 魚太郎 泉北の郷にて2017年6月30日に行いました。侵入部員は1年生16人、2年生4人、3年生2人の内訳で、交換留学生はチェコからダイアナ・ベドロニコヴァさんとノルウェイからマルテ・ホルシュタットさんです。

IFMSA近大の顧問はこれまで平出敦教授が務められておりましたが、新年度よりは微生物学の角田郁生教授が顧問に就任することになりました。部長は3年生の松本悠佑さんで、今回のパーティーをはじめIFMSA近大の改革を進めている頼もしいリーダーです。

写真はIFMSA近大のFacebookを御覧ください。

角田郁生
IFMSAKindai063017.jpg






Neuroimmunology Multiple Sclerosis Symposium, Osaka, June 1, 2017

On June 1, 2017, Dr. Hirohumi Ochi, Associate Professor, Ahime University, and Dr. Ichiro Nakashima, Professor, Tohoku Pharmaceutical University, gave a talk on treatment and diagnosis of multiple sclerosis at Neuroimmunology Multiple Sclerosis Symposium. The symposium was hosted by Noartis Pharmaceuticals Corporation.

Dr. Ochi explained a new "Multiple Sclerosis Guideline 2017 in Japan" with cutting-edge clinical research articles as well as his excellent critical interpretation, such as differences of CIS between western countries and Japan.

In Osaka venue, we discussed several issues on multiple sclerosis, such as fatigue and environmental factors. Among the environmental factors, Dr. Makio Takahashi, Director, Neurology, Japan Red Cross Osaka Hospital, Dr. Takayuki Kondo, Professor, Knasai Medical University Medical Center, Dr. Ochi, and myself discussed the role of gut microbiota and Helicobacter pylori.

Ikuo Tsunoda

多発性硬化症シンポジウム 2017年6月1日

2017年6月1日に‎ノバルティス ファーマ株式会社主催で、「Neuroimmunology 多発性硬化症 シンポジウム」がTKPガーデンシテイ大阪OAPタワーで開催されました。愛媛大学の越智博文先生と東北医科薬科大学の中島一郎先生が多発性硬化症の治療、診断についてご講演をされました。

大阪会場では、関西医科大学の近藤誉之先生の司会の下、近畿大学医学部の宮本勝一准教授や大阪赤十字病院の高橋牧郎神経内科部長らが、多発性硬化症の疲労、環境因子についてデイスカッションを行いました。越智先生は、近畿大学医学部角田郁生微生物学教授のピロリ菌の多発性硬化症における役割についてのトピックスで、宿主の免疫反応の重要性について解説されました。ピロリ菌と多発性硬化症の研究では、越智先生の出身の九州大学神経内科が世界をリードした研究を発表してきています。

角田郁生

越智博文
Drs. Hirohumi Ochi and Ikuo Tsunoda
にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR