22th Japanese Society for Neuroinfectious Diseases Meeting, Kokura, Japan, October 13-14, 2017

The 22th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroinfectious Diseases was held in Kokura, Japan, on October 13-14, 2017. Dr. Koichi Kusuhara, Professor and Chair, Department of Pediatrics, University of Occupational and Environmental Health School of Medicine, served as President of the Meeting. In this meeting, Ikuo Tsunoda, Professor and Chair, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, has become a Councilor of the Society.

From our Department, Dr. Tsunoda gave an oral presentation on bioinformatics analysis of RNA seq data of lymphatic markers in the central nervous system using a viral model for multiple sclerosis.

For more pictures, please visit our Kindai University Microbiology Facebook.

Ikuo

日本神経感染症学会 北九州市小倉 2017年10月13-14日


2017年10月13-14日に北九州市小倉で第22回日本神経感染症学会総会・学術大会(産業医科大学小児科教授楠原浩一会長)が開催されました。3つのシンポジウム8つの教育講演と複数の「一般演題」、「懇親会」などで学術交流と情報交換が行われました。

近畿大学医学部からは角田郁生微生物学教授が参加し、本学会の評議員会で新たに評議員として選出されました。また以下の口頭発表を行いました。

尾村誠一、佐藤文孝、藤田貢、朴雅美、J. Steven Alexander、Phillip C.S.R. Kilgore、Urška Cvek、角田郁生.  「次世代シークエンシングを用いたウイルス性脳脊髄炎モデルの解析; リンパ管分子発現低下が免疫細胞の中枢神経内停滞に関連する」

学会の写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

日本神経感染症学会2017
From left to right: Dr. Masayuki Saijo, Director, Department of Virology, National Institute of Infectious Diseases, President Koichi Kusuhara, Professor and Chair, Department of Pediatrics, University of Occupational and Environmental Health School of Medicine, and Ikuo Tsunoda, Professor and Chair, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.
スポンサーサイト

Japanese Society of Neuroimmunology Meeting October 6-7, 2017

The 29th Annual Meeting of Japanese Society of Neuroimmunology was held on October 6-7, 2017 in Sapporo, Hokkaido, Japan. The special lectures were given by Dr. Amit Bar-Or, University of Pennsylvania, USA, and Dr. Susumu Kusunoki, Kindai University, Osaka, Japan.

From our Department of Microbiology, Kindai University, Dr. Fumitaka Sato gave an oral presentation on spontaneous EAE, an autoimmune model for multiple sclerosis.

For more pictures, please visit our Kindai-LSU Multiple Sclerosis Facebook.

Ikuo

2017 日本神経免疫学会

2017年10月6-7日に札幌で日本神経免疫学会(菊池誠志会長)が開催されました。特別講演ではペンシルバニア大学のAmit Bar-Or博士と近畿大学医学部の楠進先生のご講演がありました。その他、4つのシンポジウム、8つのワークショップ、5つの教育講演、ランチョンセミナー、イブニングセミナー、ポスターセッションが行われ活発な議論が交わされました。

近畿大学医学部微生物学講座よりは、佐藤文孝助教が以下の多発性硬化症の自然発症免疫モデルの口頭発表を共同演者らと行いました。

佐藤文孝、川合英一郎、ニコラス・マルチネス、尾村誠一、藤田貢、朴雅美、崎山奈美江、高橋智、楊景堯、角田郁生
「転写因子T-bet過剰発現は神経向性ウイルス感染を増悪させる」

写真は近畿大学ーLSU多発性硬化症リサーチチームのFacebookで。

角田郁生

日本神経免疫学会2017

Dr. Nicholas Sanderson, Bazel University visit to Kindai University, September 28-29, 2017

Dr. Nicholas Sanderson, PhD, Project Leader of Neuroimmunology, University of Bazel Switzerland, visited our Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, on September 28-29, 2017. Dr. Sanderson gave a seminar entitled, "Viral-antigen-capturing B cells in human blood, and their contribution to autoimmunity" partly based on his publication on PNAS 2016.

Dr. Sanderson also had several meetings with faculty members of Kindai University. We also talked about our collaboration in viral
and autoimmune models for multiple sclerosis as well as data analyses using our bioinformatics methods, such as principal component analysis (PCA).

For more pictures, please visit our Kindai-LSU MS Research Team Facebook.

Ikuo

スイス バーゼル大学ニコラス・サンダーソン博士 多発性硬化症セミナー

近畿大学医学部微生物学講座では、2017年9月28-29日にスイス・バーゼル大学神経免疫学講座プロジェクト・リーダーのニコラス・サンダーソン博士を招聘しました。Sanderson博士はケンブリッジ大学卒業、広島大学で心理学を専攻、テキサス大学で神経科学の分野でPhDを取得、アメリカとスイスでそれぞれ5年間を博士研究員、2017年より現職という国際色豊かな御経歴で、近年は神経難病である多発性硬化症MSにおけるB細胞の役割の解明を中心に行っており、PNASなどの一流誌に研究成果を多数発表されています。

28日には、微生物セミナーシリーズにて、”Viral-antigen-capturing B cells in human blood, and their contribution to autoimmunity” の題目で抗体産生細胞であるB細胞の自己免疫疾患、とくに多発性硬化症(multiple sclerosis, MS)における役割を中心とした研究成果の発表を行っていただきました。本講演は英語でのご講演で、多数の教員、医学生らの参加があり活発な討論となりました。講演後は、医学生を囲んでの座談会も開催し、Sanderson博士のアメリカ・スイスでの研究生活や、日本の学生生活など多様な話題についてフリートークを行っていただきました。

また28-29日の両日にわたり、サンダーソン先生には、神経内科楠進教授、免疫学宮澤正顕教授をはじめとする複数の教員とのミーティングや、微生物学講座との共同研究打ち合わせなどを行っていただきました。上

写真は、近大ーLSU 多発性硬化症リサーチチームのFacebookを御覧ください。

角田郁生

Sanderson.jpg
Drs. Nicholas Sanderson and Ikuo Tsunoda at Kanshinji Temple, Osaka, Japan

IFMSA student Tjaša Hertiš welcome party on September 27, 2017

Ifmsa-Kindai Exchange (had a welcome party for a Slovenian Medical Student, Ms. Tjaša Hertiš, at a local Japanese restaurant, Ganko, Osakasayama, Osaka, Japan on September 27, 2017. Tjaša is a 6th-year Medical student and currently rotating at Dr. Masaaki Miyazawa's Immunology Department, at Kindai University Faculty of Medicine, Osaka, Japan.

Currently, 3rd-year student Mr. Yusuke Matsumoto is a representative of Kindai-IFMSA Exchange, which is supervised by Ikuo Tsunoda, MD, PhD, Professor, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, Osaka, Japan.

For more pictures, please visit Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo

IFMSA交換留学生Tjaša Hertišさん歓迎会 9/27/2017

IFMSA-近大 Exchangeはスロベニアの留学生、Tjaša Hertišさんの歓迎会を9月27日に、日本料理屋「がんこ」で行いました。Tjašaさんは、近畿大学医学部免疫学講座の宮澤正顯教授のもとで3週間の研修を積む予定です。Tjašaさんは、現在スロベニアの医学部の6年生で、卒業後はPhD取得を目指しています。

現在、近畿大学医学部のIFMSAは、部長が医学部3年生の松本悠佑さんで、顧問は微生物学教授の角田郁生が務めています。

写真は近大微生物学講座のFacebookでどうぞ。

角田郁生

IFMSA Sep 2017

World Congress of Neurology 2017, Kyoto, Japan

The 23rd World Congress of Neurology was held in Kyoto Japan, September 16-21, 2017. From the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, Drs. Ikuo Tsunoda, Fumitaka Sato, and Seiichi Omura attended the conference. We gave the following poster presentation:

Sato F, Omura S, Park A-M, Fujita M, Stokes KY, and Tsunoda I. Viral infection activates myelin-specific T cells, triggering MS-like CNS inflammatory demyelination.

Omura S, Sato F, Martinez NE, Cvek U, Minagar A, Alexander JS, and Tsunoda I. Bioinformatics analysis determined the CNS and peripheral lymphoid surrogate biomarker candidates between two distinct EAE models for progressive multiple sclerosis.

During the conference and its reception, we met old and new friends from all over the world. The WCN 2017 had 8650 participants from 121 different countries.

For pictures, please visit our Kindai-LSU MS Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda

2017世界神経学会、京都、9/16/21/17

2017年9月16-21日に京都で世界神経学会が開催されました。近畿大学医学部微生物学講座よりは佐藤文孝助教が自然発症EAEの発表を、尾村誠一助教が進行性多発性硬化症のバイオマーカーの探索バイオインフォマティクスの発表をしました。

本学会は121か国から8650人の参加者があり、開会式では秋篠宮ご夫妻が臨席、ノーベル賞受賞者講演(エドバルト・モーザー博士、利根川進博士、山中伸弥博士)、醍醐寺でのレセプションなどユニークな企画もあり、学術的にも国際交流の面でも実りあるものでした。

写真は近大―LSU多発性硬化症リサーチチームのFacebookで御覧ください。

角田郁生

World congress of Neurology
From left to right: Drs. Seiichi Omura, Ikuo Tsunoda, Brian Weinshenker, Hans Peter Hartung, Silvia Tenembaum, Ho Jin Kim, and Kazuo Fujihara.


にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR