FC2ブログ

Kindai University Medical School Festival  November 3-4, 2018

Kindai University Faculty of Medicine held "Kongo-sai (Medical School Festival) at Osakasayama campus on November 3-4, 2018. Medical students organized the festival, and had several events, such as Medical Exhibition and music concerts. Our medical school has several students' clubs, who have their own events, including live performance and refreshment booths.

From Kindai Microbiology Department, Ikuo Tsunoda, Professor of Microbiology, gave a 1-hour talk on studies/research abroad, particularly in the US from his 21-year experience of medical research and education in the US.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo

近畿大学医学部 ”金剛祭” 2018年11月3-4日

近畿大学医学部では、2018年11月3-4日に恒例の学園祭である”金剛祭”を開催しました。医学部3年生が実行委員を務め、1-2年生が模擬店などのイベントを担当します。今年も医学関連の展示物に加え、クラブが中心となって行われる華道部、茶道部などの展示、パフォーマンス、模擬店などが行われました。

医学展の講演では近大微生物学講座教授の角田郁生が「海外留学のすゝめ~アメリカ医学研究・教育21年の経験から~」のタイトルで、医学英語、研究留学、アメリカの医学部のシステム・教育、近畿大学医学部の5つの留学コースについて一時間の講演を行いました。講義スライド近大微生物学のホームページに掲載されています。

写真は近大微生物学講座のFacebookで。

角田郁生

110318 Kongo sai
Flower arrangement club exhibition in ”Kongo-sai".  From left to right: Medical Students Ms. Takako Oda and Ms. Sayo Morita, and Dr. Ikuo Tsunoda, Professor of Microbiology

110418 Kongo sai

スポンサーサイト

4th Dianken Microbiology Colloquium, Osaka Institute of Public Health, Oct 31, 2018

The 4th Dianken Microbiology Colloquium was held at Osaka Institute of Public Health on October 31, 2018, which was hosted by Dr. Naomi Sakon. Key note lecture was given by Dr. Martin Chi-Wai Chan, the Chinese University of Hong Kong, China, and entitled "Changing epidemiology of norovirus gastroentieritis in Hong Kong: a tug-of-war between GII.4 and non-GII.4 genotypes."

In the colloquium, Dr. Sakon and Dr. Yuki Matsushima, Kawasaki City Institute for Public Health, also gave their presentation on norovirus. From Kindai University, our new PhD student, Sundar Khadka gave a presentation entitled "New diagnostic algorithm of HIV/AIDS in Nepal".

After the colloquium the reception was held a restaurant "Crossfield with Terrace Lounge" at "Miraiza Osaka-jo" adjacent to Osaka Castle, where we exchanged information about potential collaboration and virology research in each laboratories.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

Dr. Martin C.W. Chanセミナー 第4回微生物部勉強会 大阪健康安全基盤研究所 2018年10月31日

大阪健康安全基盤研究所(大安研)で左近直美先生が世話人となり第4回微生物部勉強会が2018年10月31日に開催されました。勉強会では、香港中文大学Dr. Martin C.W. Chanによる1時間のセミナー"Changing epidemiology of norovirus gastroentieritis in Hong Kong: a tug-of-war between GII.4 and non-GII.4 genotypes."が開かれました。

その後、左近先生と松島勇紀先生(川崎市健康福祉局 健康安全研究所)によるノロウイルスのセミナーがそれぞれありました、近畿大学医学部微生物学講座よりは、スンダル・カドカ大学院生によるプレゼンテーション"New diagnostic algorithm of HIV/AIDS in Nepal"がなされました。

レセプションは、ミライザ大阪城のCrossfield with Terrace Loungeで行われ情報交換を行いました。

写真は近大微生物学のFacebookで御覧ください。

角田郁生

103118 Microbiology Colloquium



2018 Japanese Society for Virology Meeting, Kyoto, 10-28-30

The 66th Annual Meeting of Japanese Society for Virology was held on October 28-30, 2018 at Kyoto Terrssa in Kyoto, Japan. From our Department of Microbiology, Kindai University, Dr. Fumitaka Sato gave the following presentation on a viral model for myocarditis.

Sato F, Omura S, Martinez NE, Cliburn EA, Acharya MM, Reddy PC, Alexander JS, and Tsunoda I. Theiler’s virus-induced myocarditis model with acute viral replication, subacute T cell infiltration and chronic fibrosis in the heart. The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology. October 28-30, 2018. Kyoto Terrsa, Kyoto, Japan.

In this meeting, I have an opportunity to meet several international guests, including Dr. David D. Dunigan, Dr. Connie S. Schmaljohn, Dr. Diane E. Griffin, Dr. Patrick T. Dolan, Dr. Jason K. Whitmire, and Dr. Martin C.W. Chan as well as Japanese virologists, including Chairperson of the Meeting, Dr. Yoshio Koyanagi, Kyoto University.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

2018年日本ウイルス学会学術集会 京都テルサ 10月28-30日 

2018年10月28-30日に京都テルサで第66回日本ウイルス学会(小柳義夫会長)が開催されました。学会は口頭発表はすべて英語でなされ、3つのシンポジウム、複数のワークショップ、教育講演、ポスターセッションが行われました。

近畿大学医学部微生物学講座よりは、佐藤文孝助教の筆頭著者の口頭発表がワークショップ Pathogenesis 11で行われました。

Sato F, Omura S, Martinez NE, Cliburn EA, Acharya MM, Reddy PC, Alexander JS, and Tsunoda I. Theiler’s virus-induced myocarditis model with acute viral replication, subacute T cell infiltration and chronic fibrosis in the heart. The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology. October 28-30, 2018. Kyoto Terrsa, Kyoto, Japan.

本学会では、多数の国際ゲストによる口演があり、Dr. David D. Dunigan, Dr. Connie S. Schmaljohn, Dr. Diane E. Griffin, Dr. Patrick T. Dolan, Dr. Jason K. Whitmire, Dr. Martin C.W. Chanをはじめとするウイルス学者と学術交流をすることができました。

学会の写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

113018ウイルス学会
From left to right: Drs. Fumitaka Sato, Diane E. Griffin and Ikuo Tsunoda

近畿大学医学部金剛祭(学園祭) 11月4日 角田郁生 口演

近畿大学医学部第45回金剛祭~医学展~で無料講演 微生物学講座主任教授角田郁生が「海外留学のすゝめ~アメリカ医学研究・教育21年の経験から~」のタイトルで口演を行います。場所と時間は以下です。

2018年11月4日(日)
13:00~14:00
近畿大学k医学部専門棟 1F 第6講義室

本講演では、アメリカの大学で医学教育・研究に21年間携わった演者が、
・医学英語の必要性
・医師のポスドクとしての海外留学
・日米の医学部のシステムの違い
・アメリカで教授になる道
・アメリカの医学教育
について、自身の経験から解説いたします。

詳細は以下のサイトで。

http://www.med.kindai.ac.jp/gakusei/kongosai/2018/event.html

110418 金剛祭

23th Japanese Society for Neuroinfectious Diseases Meeting, Tokyo, Japan, October 19-20, 2018

The 23th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroinfectious Diseases was held in Tokyo, Japan, on October 19-20, 2018. Dr. Satoshi Kamei, Professor, Division of Neurology, Department of Medicine, Nihon University School of Medicine, served as President of the Meeting.

In this meeting, Ikuo Tsunoda, Professor and Chair, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, gave an oral presentation on the effect of T-bet gain-of-function mutation in a viral model for multiple sclerosis, Theiler's murine encephalomyelitis virus (TMEV).

For more pictures, please visit our Kindai University Microbiology Facebook.

Ikuo

日本神経感染症学会 東京 2018年10月19-20日

2018年10月19-20日に東京都江戸川区タワーホール船堀で第23回日本神経感染症学会総会・学術大会(日本大学医学部内科学系神経内科学主任教授亀井聡会長)が開催されました。2つのシンポジウム10つの教育講演と14の「一般演題」、「懇親会」などで学術交流と情報交換が行われました。

「市民公開講座」として「抗NMDA受容体脳炎を考える」も開催され、三つの口演がなされました。

近畿大学医学部からは微生物学講座主任教授角田郁生が以下の口演を行いました。

佐藤 文孝、川合 英一郎、Nicholas E. Martinez、尾村 誠一、藤田 貢、朴 雅美、高橋 智、楊 景堯、角田 郁生 「転写因子T-bet過剰発現は神経向性ウイルス感染において致死的となる」 Neuroinfection 23(2):208

学会の写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

101918日本神経感染症学会
Drs. Satoshi Kamei (left) and Ikuo Tsunoda (right)
にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
タグ

Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR