Neuroimmunology Multiple Sclerosis Symposium, Osaka, June 1, 2017

On June 1, 2017, Dr. Hirohumi Ochi, Associate Professor, Ahime University, and Dr. Ichiro Nakashima, Professor, Tohoku Pharmaceutical University, gave a talk on treatment and diagnosis of multiple sclerosis at Neuroimmunology Multiple Sclerosis Symposium. The symposium was hosted by Noartis Pharmaceuticals Corporation.

Dr. Ochi explained a new "Multiple Sclerosis Guideline 2017 in Japan" with cutting-edge clinical research articles as well as his excellent critical interpretation, such as differences of CIS between western countries and Japan.

In Osaka venue, we discussed several issues on multiple sclerosis, such as fatigue and environmental factors. Among the environmental factors, Dr. Makio Takahashi, Director, Neurology, Japan Red Cross Osaka Hospital, Dr. Takayuki Kondo, Professor, Knasai Medical University Medical Center, Dr. Ochi, and myself discussed the role of gut microbiota and Helicobacter pylori.

Ikuo Tsunoda

多発性硬化症シンポジウム 2017年6月1日

2017年6月1日に‎ノバルティス ファーマ株式会社主催で、「Neuroimmunology 多発性硬化症 シンポジウム」がTKPガーデンシテイ大阪OAPタワーで開催されました。愛媛大学の越智博文先生と東北医科薬科大学の中島一郎先生が多発性硬化症の治療、診断についてご講演をされました。

大阪会場では、関西医科大学の近藤誉之先生の司会の下、近畿大学医学部の宮本勝一准教授や大阪赤十字病院の高橋牧郎神経内科部長らが、多発性硬化症の疲労、環境因子についてデイスカッションを行いました。越智先生は、近畿大学医学部角田郁生微生物学教授のピロリ菌の多発性硬化症における役割についてのトピックスで、宿主の免疫反応の重要性について解説されました。ピロリ菌と多発性硬化症の研究では、越智先生の出身の九州大学神経内科が世界をリードした研究を発表してきています。

角田郁生

越智博文
Drs. Hirohumi Ochi and Ikuo Tsunoda
スポンサーサイト

Our novel Zika virus hypothesis in Osaka Press Club

Zika virus infection is associated with two neurological diseases, microcephaly and Guillain Barre syndrome, while their pathophysiology is unknown. We have proposed a novel hypothesis how Zika virus infection leads to these neurological complications in Acta Medica Kindai University, whose whole text is available in online, PubMed for free.

Ikuo Tsunoda

ジカウイルス感染による神経合併症に新仮説

近畿大学医学部微生物学では、ジカウイルスによる二つの神経合併症「小頭症」と「ギランバレー症候群」の発症に関して、悪玉抗体がこれを引き起こしているメカニズムについて新たな仮説を提唱しました。研究結果は無料検索エンジンであるPubMedに全文が掲載されています。


角田郁生

0001_(4)_convert_20170529185755.jpg
0002_convert_20170529185937.jpg


Duke Univ. Dr. Mari Shinohara gave a seminar at Kindai Medical Association 052317

On May 22, 2017, we had a gust from Duke University, USA, Dr. Mari L. Shinohara, PhD, Associate Professor of Immunology. Dr. Shinohara had several meetings with faculty members of Kindai University Faculty of Medicine, Osaka. The lecture is given in the course of "General Medicine I" for 1st-year Medical Students as well as Graduate Students, staff and faculty..

On May 23, Dr. Shinohara gave a lecture on an autoimmune model for multiple sclerosis, experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE). The title of the talk was "Innate immunity and inflammation in EAE. We asked Dr. Shinohara to give a seminar in English so that students can take the same seminar as Duke University in the US without visiting the US! After the talk, Dr. Shinohara had a
small group discussion with medical students on science, carrier development, and how to study English.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

ーク大学篠原眞理先生 近畿大学医学部セミナー 5月23日

ーク大学免疫学講座の篠原眞理先生が、近畿大学医学部に5月22-23日に訪れました。大学教員との共同研究のミーティング、施設見学、病院見学を22日に行い、23日には医学部一年生全員と大学院生、教員を聴衆に「実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)における自然免疫と炎症」について講義を行いました。講義は最新の多発性硬化症の研究についてで、アメリカの授業そのままの英語でのレクチャーとなりました。

近大医学生一年生全員に、一時間ではありますが「体験留学」をしてもらい、高いモチベーションを持ってもらいたいという角田教授の要望で、「医学総論I」の講義日程のカリキュラムのひとつとして講義は行われました。講義後は、スモールグループでの医学生と篠原先生とのフリートークが行われ、サイエンス、英語学習、キャリアデベロップメントなどについて質疑応答がなされました。

写真は近大微生物学講座のFacebookを御覧ください。

角田郁生

Mari Shinohara
From left to right. Medical student Mr. Kazunari Sunagawa, Dr Mari L. Shinohara, Mr. Sousuke Momoda, Mr. Takeshi Sakamoto, Ms. Nanako Oshita, Ms. Noriko Sakamoto, Ms. Yuka Sakano, and Ikuo Tsunoda.
左から 砂川和也(医学部一年)、篠原眞理先生(デユーク大学)、桃田壮介(医1)、坂本武史(医1)、大下奈那子(医1)、 阪口乃莉子 (医1)、坂野優佳(医1)、角田郁生教授

Kindai University Microbial Multiple Sclerosis Seminar by Dr. Mari Shinohara, Duke University, 5/23/17

On May 23, 2017, Kindai University Department of Microbiology will held the 7th Kinki Microbial Seminar by Dr. Mari L. Shinohara, Associate Professor of Immunology, Duke University Medical Center. The title of the talk is "Innate Immunity and EAE." Experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) is an autoimmune model for multiple sclerosis (MS).

Ikuo Tsunoda

ーク大学篠原眞理先生 多発性硬化症近畿大学セミナー 5月23日

5月23日、近畿大学医学部微生物学講座ではデーク大学免疫学講座の篠原眞理先生に医学生・職員を対象に多発性硬化症のセミナーを行います。講演のタイトルは「自然免疫と実験的自己免疫性脳脊髄炎」です。

篠原眞理先生は神経難病の多発性硬化症MSと真菌感染症の自然免疫研究(インフラマソーム、オステオポンチン、インターフェロン、オートファジー)の世界的権威で、MS自己免疫モデルEAEのご研究を中心に御教示いただきます。英語でのご講演となりますが、篠原先生はアメリカで大学院生、博士研究員を経て独立され、テニュア(終身雇用)を獲得される間、企業勤務などの御経歴もお持ちで、講演後11:30から座談会も予定しておりますので、留学・キャリアプラン・英語力向上をめざす方も含め御参加を歓迎致します(座談会のみも可)。

角田 郁生

篠原先生チラシ


90th Japan Society for Occupational Health / 71st Allergy and Immunotoxicology Meeting

On May 11, 2017, Ikuo Tsunoda, MD, PhD, Professor, Kindai University Faculty of Medicine, Department of Microbiology gave an invited 1-hour seminar at the 71st Allergy and Immunology Meeting in the 90th Japan Society for Occupational Health, Tokyo, Japan. The title of the seminar was "Identification of lymphatic biomakers for multiple sclerosis using principal component analysis (PCA) of RNAseq transcriptome."

Dr. Tsunoda talked about his most recent findings that lymphatic molecules may contribute to exit of inflammatory cells from the central nervous system (CNS) to the periphery. If this is the case, dysfunction of the lymphatic vessels associated with can delay the
exit of inflammatory cells, leading to chronic inflammation and disease progression.

The President of the meeting was Dr. Hiroyuki Yanagihara, MD, PhD, Chair and Professor, Jikei University School of Medicine, while the chair person of the seminar was Dr. Takahiko Yoshida, MD, Professor, Asahikawa Medical University. After the seminar, the reception was held at "Washoku Dining Gazen".

For more pictures, please visit our Kindai-LSU MS Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda


第90回日本産業衛生学会 第71回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会 角田郁生教授特別講演

近畿大学医学部微生物学講座角田郁生教授が、2017年5月11日第90回日本産業衛生学会(学会長:東京慈恵会医科大学柳澤裕之教授)の第71回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会(座長:旭川医科大学社会医学講座 吉田貴彦教授)において特別講演を行いました。講演のテーマは 「多発性硬化症の遺伝子プロファイル主成分分析PCAによるリンパ管バイ オマーカーの同定」で、中枢神経内のリンパ管分子が炎症細胞の中枢からの退出に関連している仮説を提示しました。この仮説によるとリンパ管分子の機能不全が、リンパ球の中枢神経からの退出を遅らせ、ひいては慢性炎症と病気の進行に至ることになります。講演では、多発性硬化症のウイルスモデルのタイラーウイルス感染症とヒト二次進行性多発性硬化症でリンパ管分子の低下が次世代シークエンサーで得たトランスクリプトームのPrincipal component analysis (PCA)によりデータが提示されました。

懇親会は「Washoku Diningがぜん」で行われ学術交流が行われました。

写真は近畿大学-LSU多発性硬化症リサーチチームのFacebookを参照ください。

角田郁生

日本産業衛生学会
Front (from left to right) Kaneyoshi Morimoto, MD (former Professor, Osaka University), Ueda Atsushi, MD, PhD (Professor Emiritus, Kumamoto University), Ikuo Tsunoda, MD, PhD (Professor, Kindai University Faculty of Medicine)、Takahiko Yoshida MD (Professor, Asahikawa Medical University)
Back (from left to right) Li Qing (Senior Assistant Professor, Nippon Medical School), Takemi Otsuki, MD, PhD(Professor, Kawasaki Medical School), Masashi Tsunoda, MD, PhD (Professor, National Defense Medical College), Yasuo Morimoto, MD, PhD (Professor, University of Occupational and Environmental Health), Kazuhiro Sato, MD (Associate Professor, University of Fukui), Toshihiro Ito, PhD (Professor, Asahikawa Medical University), Yasumitsu Nishimura, PhD (Associate Professor, Kawasaki Medical School), Takamasa Kido, PhD (Research Associate, Jikei University School of Medicine).
前列 (左から右)   森本兼曩(よし)元大阪大学教授、上田厚熊本大名誉教授、角田郁生近畿大学教授、吉田貴彦旭川医大教授
後列 (左から右) 李卿日本医科大学准教授、大槻剛巳川崎医科大教授、角田正史防衛医大教授、森本泰夫産業医科大教授、佐藤一博福井大准教授、伊藤俊弘旭川医大教授、西村泰光川崎大学准教授、木戸尊将東京慈恵医大助教

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR