FC2ブログ

Tohoku University Medicine Gonryo Press visit September 15, 2018

Gonro Press, an intramural newspaper of Tohoku University School of Medicine, Sendai, Japan, visited Ikuo Tsunoda, Professor, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, Osaka, partly because Prof. Tsunoda is one of alumni of Tohoku University Medicine. The reporters are three Medical Students of Tohoku University, Mr. Sota Utsumi (3rd year), Mr. Keita Arai (2nd year), and Mr. Ryo Miyazaki (3rd year).

After showing around the campus by Dr. Ah-Mee Park, Associate Professor of Microbiology, we talked about several topics, including Medical English, Medical and PhD education in the US, USMLE (ECFMG), Tsunoda's personal experience as Medical Student, Postdoc, and Faculty.

Mr. Utsumi is originally from Sendai, Mr. Miyazaki is from Kamakura, and Mr. Arai is from Morioka, Iwate; Mr. Arai and Prof. Tsunoda are alumni of Morioka Daiichi High School.

For more pictures, please visit Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

東北大学医学部艮陵新聞取材 2018年9月15日

東北大学医学部艮陵新聞学生編集部が近畿大学医学部微生物学講座教授角田郁生(東北大学卒)の取材に訪問されました。取材に来られたのは医学部医学科3年生内海聡太さん、2年生の荒井啓太さんと宮崎涼さんの3人です。

朴雅美講師による近畿大学のキャンパスのツアーの後、約3時間の取材、その後ランチ・ミーティングが行われ、医学英語、海外留学、日米の医学教育・医学部講座の違いなど多岐にわたって会話がなされました。

内海さんは仙台出身、宮崎さんが鎌倉出身、荒井さんは盛岡出身で卒業高校が角田教授と同窓の盛岡第一高等学校でした。

写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

091518 Gonryo press
From left to right: Mr. Ryo Miyazaki, Mr. Keita Arai, Mr. Sota Utsumi, and Dr. Ikuo Tsunoda





スポンサーサイト

Ikuo Tsunoda, Professor of Kindai University, Belated Birthday Party on September 14, 2018

Faculty and staff of the Department of Microbiology had a belated birthday lunch party for Ikuo Tsunoda, Professor of Microbiology, at a local French restaurant, Darcy, Osakasayama, Osaka, Japan on September 14, 2018.  The party was postponed because of typhoon on September 4.

I appreciate friendship of members of the Department.

For more pictures, please visit Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

近大微生物学教授角田郁生誕生パーティー 2018年9月

近畿大学医学部微生物学講座では、教授角田郁生の誕生パーティーを大阪狭山市金剛駅周辺のフレンチレストラン、ダルシ Darcyにて 10日遅れで行いました(台風のため)。

講座の皆様に感謝。

写真は近大微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

091418 Tsunoda Birthday lunch



International Congress of Neuroimmunology, ISNI 2018

The 14th International Congress of Neuroimmunology, ISNI 2018, was held at Brisbane Convention & Exhibition Centre (BCEC) in Brisbane, Australia, August 27-31, 2018. From Kindai University Faculty of Medicine, we gave a talk, entitled "Distinct Sets of Anti-Glycolipid Antibodies Are Associated with Latent Factors in Guillain-Barré Syndrome by Exploratory Factor Analysis" by Seiichi Omura, Kazuaki Shimizu, Miyuki Morikawa, Motoi Kuwahara, Susumu Kusunoki, and Ikuo Tsunoda.

ISNI is held once in two years. The reception of the ISNI was held at Queensland Museum, Brisbane.

For more pictures, please visit Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda


第14回国際神経免疫学会 2018年8月27-31日

第14回国際神経免疫学会(14th International Congress of Neuroimmunology, ISNI 2018)がオーストラリアのブリスベンのブリスベン コンベンション & エキシビション センターにて開催されました。学会では5つの招待講演セッション、17のワークショップ、12のシンポジウム、4つの基調講演が行われ、神経免疫学の主要疾患である多発性硬化症を中心に、その他の免疫反応が神経系で病態に関連する疾患(ジカウイルス感染症、アルツハイマー病、ギランバレー症候群、ナルコレプシー、視神経脊髄炎等)に関する基礎・臨床研究の発表がなされました。

近畿大学医学部からは、「因子分析によるギランバレー症候群潜在因子に関連する糖脂質抗体群の解明」の演題で尾村誠一(微生物学講座)、角田郁生(微生物学講座)、楠進(神経内科学講座)によって口頭発表がなされました。本発表は、 関西大学社会学部心理学の清水和秋教授との共同研究で、これまで心理学の分野で主に利用されてきた因子分析を医学研究に応用する学際領域の画期的な研究です。レセプションはクイーンズランド博物館で行われ、学術交流がなされました。

写真は以下の近畿大学微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

ISNI 2018
From left to right: Drs. Ikuo Tsunoda, Sandra Amor, Seiichi Omura, and David Baker.

Frontier Research on Chemical Communications Retreat in Kyoto, 8/16-17, 2018

The first Retreat of Frontier Research on Chemical Communications (FrontRes ChemComm) was held on August 16-17, 2018 at Kansai Seminar House in Kyoto. FrontRes ChemComm project aims at not only developing innovative high-order analysis platforms, but also at clarifying essential roles of natural products as chemical communication molecules in the natural environment, leading to development of useful chemical tools as well as pharmaceuticals/agrochemicals leads.

In the Retreat, there are 44 presentation of Research in Progress. In the presentation by Project Leader, Prof. Hideaki Kakeya, Kyoto University, From Kindai University, a new collaboration project with our Department on the role of curcumin for the multiple sclerosis model was explained. Dr. Kazuto Nihio gave a talk on the role of microbiota in inflammatory bowel diseases, cancer and immune-mediated central nervous disease, the latter of which is a collaboration research project with our Department (Drs. Omura and Tsunoda).

In the reception, we have exchanged scientific information as well as tried to build up new collaborations between laboratories.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回リトリート 京都修学院きらら山荘 2018年8月16-17日

新学術領域(研究領域提案型)「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回リトリートが京都府の関西セミナーハウス・修学院きらら山荘で、2018年8月16-17日に開催されました。44の研究チームの代表が進捗状況・予定を発表し、質疑応答が行われました。

領域代表は、掛谷秀昭京都大学大学院薬学研究科教授で、当微生物学講座は、掛谷教授とクルクミンの多発性硬化症モデルで共同研究の準備をすすめており、本リトリートでも実験計画の討議を行いました。近畿大学医学部からは西尾和人・ゲノム生物学教授が腸内細菌と炎症性腸疾患・中枢神経炎症性疾患についてプレゼンテーションを行い、当微生物学講座との研究の紹介をされました。

懇親会では、現在の研究内容の討議や、分野・施設を越えた共同研究について活発な討議がなされました。

写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookを御覧ください。

角田郁生

081618 Chemical Communications Retreat
From left to right: Drs. Ikuo Tsunoda, Shigeki Matsunaga, Kin-ichi Tadano, and Hideaki Kakeya.




Medical English meeting with Dr. Espinoza August 7, 2018

We had a meeting with Dr. J Luis Espinoza, Lecturer, Medical English, Kindai University Faculty of Medicine. Dr. Espinoza started teaching Medical English from last year for 2nd, 3rd, and 4th year Medical Students.

We have discussed several issues: internationalization of Kindai University, English version of Kindai University home page, MEXT PhD student scholarship, increased international students from Bangladesh in Japan (but not in Kindai University), textbooks for Medical English, TOEFL preparation, USMLE.

The other attendants in the meeting are Dr. Tetsuo Tsukamoto, Assisitant Professor, Immunology, Kindai University, who conducted research at Division of Immuno-Virology, Commissariat à l'énergie atomique et aux énergies alternatives (CEA) , France (2011-2013) as well as Kirby Institute for infection and immunity in society, University of New South Wales, Australia (2013-2015), and Dr. Seiichi Omura, Assistant Professor, Microbiology, Kindai University, who conducted research at Louisiana State University, USA for 6 year.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda, MD, PhD, Professor and Chair, Microbiology, Kindai University, Adviser, Kindai-IFMSA Exchange

医学英語講師エスピノーザ先生を囲んで 2018年8月7日

近畿大学医学部で医学英語を担当されているルイス・エスピノーザ先生を囲んでランチ・ミーティングを行いました。エスピノーザ先生は昨年より近大に赴任され2年生から4年生までの講義を担当されています。

ミーティングでは、医学英語の講義方法、近畿大学での短期海外留学、IFMSA(角田が顧問を担当)、MEXT国費留学大学院生、バングラディシュからの日本への留学生の増加、近大ホームページの英語化の必要性、TOEFLとUSMLEなど多様な話題について話し合いました。

ミーティングにはフランスとオーストラリアに留学経験のある免疫学講座の塚本徹雄助教と米国留学6年の微生物学講座の尾村誠一助教にも参加していただき活発なデスカッションを行いました。

写真は、近大微生物学のフェイスブックを御覧ください。

角田郁生

080718 Espinoza
From left to right: Drs. Seiichi Omura, Tetsuo Tsukamoto, Ikuo Tsunoda, and J. Louis Espinoza.

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR