FC2ブログ

24th Japanese Society for Neuroinfectious Diseases Meeting, Tokyo, Japan, October 11, 2019

The 24th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroinfectious Diseases was held in Tokyo, Japan, on October 11, 2019. Dr. Masayuki Saijo, Director, Department of Virology 1, National Institute of Infectious Diseases(NIID), Tokyo, Japan, served as President of the Meeting.

In this meeting, Ikuo Tsunoda, Professor and Chair, Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine, gave an oral presentation on the role of microbiota in Theiler's virus model, which mimics acute flaccid paralysis during the acute phase and multiple sclerosis during the chronic phase.

Although the second day of the meeting (October 12) was cancelled because of typhoon, I was able to exchange scientific information with several microbiologists, including Dr. Masahide Yoshikawa, Professor, Nara Medical University, Department of Pathogen, Infection and Immunity.

For more pictures, please visit our Kindai University Microbiology Facebook.

Ikuo

日本神経感染症学会 東京 2019年10月11日

2019年10月11日に東京都墨田区KFC Hall & Roomsで第24回日本神経感染症学会総会・学術大会(国立感染症研究所 ウイルス第一部長西條政幸会長)が開催されました。「会長講演」、2つのシンポジウム、4つの「Meet the experts of NIID」(ウイルス第一部第2室林昌宏室長、第一部第三室伊藤睦代室長、ウイルス第三部竹田誠部長)、1つの教育セミナーと6の「一般演題」が行われました。

10月12日に予定されていた二日目の日程は、台風19号のためキャンセルになりましたが、11日夜の第一ホテル両国で18:30-20:30に「参加者懇親会」が開かれ、学術交流と情報交換を、奈良県立医科大学の吉川正英教授(病原体・感染防御医学)らと行うことができました。

近畿大学医学部からは微生物学講座主任教授角田郁生が以下の口演を行いました。

尾村誠一、佐藤文孝、藤田貢、朴雅美、スンダル・カドカ、角田郁生.”ウイルス性脳脊髄炎モデルにおける中枢神経病態と腸内細菌叢との関連性” Neuroinfection 神経感染症 Vol. 24 (2):162.


学会の写真は近畿大学医学部微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

101119 Neuroinfection
From right to left: Dr. Harumi Saijo (Tokyo Metropolitan Higashiyamato Medical Center for the Severely Disabled), Dr. Masayuki Saijo (President), and Dr. Ikuo Tsunoda
右から 西條晴美先生(東京都立東大和療育センター)、西條政幸学会長、角田郁生(近畿大学教授)

スポンサーサイト



HPV vaccine seminar for gyecologists in Sakai, Osaka, Japan 100519

On October 5, 2019, the 13th Southern Osaka Gynecology Clinical Meeting was held in Sakai, Osaka, Japan. In addition to three clinical presentations, there were two special lectures were given.

Dr. Kaishiro Yamamoto served as a session chair of special lectures, while Dr. Kiyoshi Takamatsu gave a talk on the safety of OC-LEP.

Kindai University Microbiology Professor, Ikuo Tsunoda, MD, PhD, gave a 1-hour talk entitled, "Microbial infections/vaccines and immune-mediated diseases: Human papilloma virus vaccine (HPV) is safe and highly recommended". In the presentation, it was explained that virus infections and viral vaccines can trigger neurologicals diseases either by viral pathology (viral replication in the nervous system) or immunopatology (immune-mediated tissue damage). Immunopathology can be caused by 1) molecular mimicry, 2) bystander killing, and 3) epitope spreading. There is no evidence that HPV vaccine induces any of the above pathology.

For more pictures, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo Tsunoda

第13回南大阪産婦人科臨床懇話会 子宮頸癌ワクチン推奨再開にむけて  2019年10月5日

2019年10月5日に堺市のホテル・アゴーラリージェンシー堺で、第13回南大阪産婦人科臨床懇話会が開催されました。三つの一般演題と二つの特別講演が行われました。特別講演は富田林病院の山本嘉一郎産婦人科部長が座長を務められ、東京歯科大学市川総合病院産婦人科の高松潔教授の連続LEP製剤の安全性と有効性に関する講演がありました。

近畿大学微生物学教授の角田郁生は、「微生物感染・ワクチンと免疫性神経疾患―ヒトパピローマウイルスワクチン推奨再開にむけて」の演題で講演をしました。講演ではウイルス感染は中枢神経を誘導するには大きく、ウイルスが神経系に感染して増殖することによる(ウイルス病理)と、ウイルス感染に対する免疫反応によるもの(免疫病理)の二つがあることが解説されました。免疫病理は、1)分子相同性、2)バイスタンダー殺傷、3)エピトープ拡散の三つのメカニズムで生じることが知られている。ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頸がんワクチン)は、上記のいずれの作用も引き起こす証拠がないことが神経免疫学、神経ウイルス学の基礎研究の立場から説明されました。

子宮頸癌は年間日本で3000人の命を奪っています。子宮頸癌は100%、HPV感染で起こります。最新のワクチンは90%以上の子宮頸癌関連HPVの感染予防に有効です。一日も早いHPVワクチン推奨の再開が望まれます。

写真は近大微生物学講座のFacebookで御覧ください。

角田郁生

100519 HPV seminar
Dr. Kiyoshi Takamatsu (left) and Dr. Ikuo Tsunoda (right)



2019 Japanese Society for Neuroimmunology Meeting 9/26-27/2019

The 31st Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroimmunology was held on September 26-27, 2019 at Makuhari Messe, Chiba-shi, Chiba, Japan (President, Prof. Satoshi Kuwabara, Chiba University). From our Department, Ikuo Tsunoda, MD, PhD. gave an oral presentation on the role of microbiota in a viral model for multiple sclerosis.

In the reception of the conference, we have exchange information with international guest speakers, including Dr. Friedemann Paul, Charite Universitaetsmedizin Berlin, Germany and Dr. Nicholas Sanderson, University of Basel, Switzerland.

For more pictures, please visit our Kindai-LSU Multiple Sclerosis Research Team Facebook.

Ikuo Tsunoda

第31回日本神経免疫学会学術集会 千葉県千葉市幕張メッセ 2019年9月26-27日

第31回日本神経免疫学会学術集会が、千葉県千葉市幕張メッセで2019年9月26-27日に開催されました。学会長は千葉大学脳神経内科学の桑原聡教授で三つのシンポジウム、8つのワークショップ、モーニングセミナー、イブニングセミナー、教育講演などが行われました。当微生物学講座からは、以下の口頭発表を行いました。

尾村誠一、佐藤文孝、藤田貢、朴雅美、カドカ スンダル、角田郁生.多発性硬化症ウイルスモデルにおける腸内細菌叢の変化と中枢神経系炎症性脱髄病変との関連.第31回日本神経免疫学会学術集会.2019年9月26-27日.幕張メッセ 国際会議場.千葉県千葉市.Neuroimmunology 24(1): 104, 2019

レセプションでは海外ゲストのDr. Friedemann Paul, Charite Universitaetsmedizin Berlin, Germany, や Dr. Nicholas Sanderson, University of Basel, Switzerland, と情報交換を行いました。

写真は近大LSU多発性硬化症研究チームのFacebookで御覧ください。

#神経免疫学会

角田郁生

092619 Neuroimunology Paul
From left to right: Dr. Friedemann Paul, Dr. Satoshi Kuwabara, Dr. Eva Kubala Havdova, and Dr. Ikuo Tsunoda

Kindai University Microbiology Course 2019

In 2019, Faculty members of the Department of Microbiology have given 62 lectures and 12-hour experiments in the Microbiology Course for 2-year Medical Students, Kindai University Faculty of Medicine. The course included Bacteriology, Mycology, Virology and Parasitology as well as infection immunity and clinical infectious disease medicine, which has started from September 17 and ended on October 4.

The lectures are Drs. Ikuo Tsunoda, Mitsugu Fujita, Ah-Mee Park, Fumitaka Sato, Seiichi Omura, and Hiroyuki Matsuoka. Dr. Koichiro Yoshida, Professor of Infectious Disease Medicine has given 6 lectures of clinical infectious disease medicine from this year; this is the first course in Kindai University where basic and clinical medicine are taught in one course.

For more picture, please visit our Kindai Microbiology Facebook.

Ikuo

近畿大学医学部微生物学講義 2019

近畿大学医学部では、医学部2年生に「微生物学・臨床感染症学」のコースを「Unit 5 病因・病態」のひとつとして講義がされます。コースは2019年9月17日から10月4日までの間で、62の講義と12時間の実習を含み、細菌学、真菌学、ウイルス学、寄生虫学、感染免疫学、臨床感染症学をカバーしました。

講師陣は角田郁生教授、藤田貢准教授、朴雅美講師、佐藤文孝助教、尾村誠一助教、松岡裕之非常勤講師に加えて、今年から感染対策室の吉田耕一郎教授も加わりました。松岡先生と吉田先生は臨床感染症学の講義を担当しますが、これは近大医学部でははじめての基礎医学と臨床医学の垂直統合型授業となります。

写真は近大微生物学のFacebookで御覧ください。

角田郁生

0917 Microbiology course

Acute laryngitis clinical sign and laryngoscopy 2019 July

In July 2019, I had acute laryngitis, which made me unable to speak. It took about 2 weeks until my hoarseness improved.

Acute laryngitis is usually caused by virus infections, such as parainfluenza virus. Although I teach virology in Kindai University Faculty of Medicine, I never thought that I myself had acute laryngitis.

For education purpose, I uploaded my clinical signs on day 3 (severe hoarseness), day 9 (improved hoarseness) and day 12 following the onset of acute laryngitis in YouTube. Please use it for education.

Ikuo

急性喉頭炎の嗄声 動画 喉頭写真 2019年7月

私は近畿大学医学部でウイルス学の講義をしていますが、7月に急性喉頭炎になりました。この病気はウイルス感染で起こることが多いのですが、声帯に炎症が起こりますので声がでなくなります。

2019年では、歌手の松山千春さんや歌舞伎の海老蔵さんが急性喉頭炎のため公演のキャンセルをしたことが報道されました。海老蔵さんの場合、急性咽頭炎と一部で報道されていましたが、声帯は喉頭にありますので、急性喉頭炎が正しい(あるいは咽頭炎と喉頭炎の合併)と考えられます。

私自身の臨床経過を発症後3日(高度の嗄声)、9日(嗄声の軽快)、12日と撮影した動画をYouTubeにアップしましたので、教育などにお役立てください。

角田郁生

Acute Laryngitis
This is my own laryngoscopy picture, in which vocal cord inflammation was seen.

にほんブログ村
Profile

Ikuo Tsunoda

Author:Ikuo Tsunoda
近畿大学医学部微生物学講座でウイルス感染症、神経難病、自己免疫疾患の研究と教育をしています。
We are studying multiple sclerosis and viral myocarditis using immunological, virological and bioinformatics methods in the Department of Microbiology, Kindai University Faculty of Medicine.

Search
Calender
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent articles
Monthly archives
Categories
Visitors
現在の閲覧者数:
Comments

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

にほんブログ村投票
タグ

Blog translation
Images in blog
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Facebook
RSS link
Link
Blog friend application

become blog friends

QR code
QR